« 頭の良さ。 | トップページ | 24日に買ったマンガ。 »

2007/01/23

『銀河宅配便マグロ』1巻 試し読み

――に参加。

おおひなたごうさんの最新単行本「銀河宅配便マグロ」1巻を発売前に読んで、ブログに感想を書き込もうという意欲的な企画です。

今日サイン入りの単行本が届きました。小包のはしっこに「おおひなたごう」の文字(おそらくご本人の手書き)。

おおっ、中心がキラキラだ(この画像では白いだけですが、実物はキラキラ)。

どうキラキラなのかは書店で手に取ってご確認ください。何が光っているのかは、購入していただければわかります。

開いてみると、インクが青い。ふむふむ。

一度、通して読んでみました。

スポチャン、珍妙な遊び(クレイジーポーカー)、とんち、ロム班長って結構Sだな、うおっハダカ、ひっかけからのしんみりオチ、ロム班長はやはりSだ、うわあマジでドSだ、走馬灯ってその回のできごとだけじゃん、さくいん。

二度目は、熟読。

気になるキャラはパツキン。オビ左衛門がパツキンの髪を引っ張るのは妬み? なぜカッターで荷物を切るシーンのバックにパツキン? Mキャラになるかと思いきや、キューチャク登場。キューチャクはロム班長以下全員でいじるけど、パツキンをいじるのはほとんどオビだけ。実際にもありそうな関係。パツキンとキューチャクの絡みをもっと見てみたい。

クジラ便のピノ。もっと前面にでてきそうだと思ったけど、結局三コマのみの登場。「一日一キャラ!」のキャラかな、と思って調べようとしましたが、もう500キャラを超えている(!)ので断念。もっと出てきて欲しい。

あと、おおひなたマンガではじめてヌード見た。他にも、露骨な巨乳や乳もみなど、新たな境地を切り開こうとしているおおひなたごうの意気が感じられたっぽい。

三度目はさくいんを見つつ。

こんなのあったっけという単語を羅列すると、オールOK、恩師、デライム、トンカチ、ニョンガ、モチーフ、モティーフ、理不尽、わら人形。どういうところを見逃しているのかがなんとなくわかりました。

「銀河宅配便マグロ」を総括すると、今までのおおひなた作品の集大成になっている作品だと思いました。「おやつ」に至る試験的手法を底地に、「フェイスガード虜」で到達したスラップスティックさが生き生きとした色付けをしています。おそらく、惜しくも不完全燃焼に終わった「ドリル園児」の切れ味、「空飛べ! プッチ」のストーリー性が加わり、今までに見ない規模の壮大なギャグマンガとなるのでは。と、期待しております。

以下、データ。

・タイトル:『銀河宅配便マグロ』1巻
・著者:おおひなたごう
・発売日:2007年1月27日
・価格:693円(本体660円+税)
・判型:B6判
・ページ数:176ページ
・エンターブレイン刊
・『銀河宅配便マグロ』スペシャルブログ「マグログ」http://blog.goo.ne.jp/maguro2007
・おおひなたごう公式ブログ「一日一キャラ!」http://blog.goo.ne.jp/rock-a-billy/

|

« 頭の良さ。 | トップページ | 24日に買ったマンガ。 »

マンガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『銀河宅配便マグロ』1巻 試し読み:

« 頭の良さ。 | トップページ | 24日に買ったマンガ。 »